弁護士の転職はどうすれば効率的?求人情報選びのポイント

失敗しない弁護士の転職簡潔情報

Yahoo! JAPAN

弁護士の転職はどうすれば効率的?求人情報選びのポイント

失敗しない弁護士の転職簡潔情報メイン

弁護士の求人選びは弁護士の転職に特化したエージェントサービスの利用がおすすめ。求人数やアドバイザーのレベルの高いエージェントを選びましょう。

弁護士の転職はどうすれば効率的?求人情報選びのポイント

転職を考えたときにまず初めにしなければならないことは、弁護士資格を生かせる求人選びです。

転職を成功に導くための、効率よく求人を見つけるノウハウをご紹介します。

◆弁護士資格を生かした転職先とは

弁護士が転職する際に、転職先に挙がる候補は主に4つあります。

いちばん多いのは法律事務所や企業内弁護士、そのほかにも資格を生かした行政庁弁護士や裁判官などの法曹職に就く人がほとんどです。

希望のところに転職するには、いかに早く求人情報を見つけアプローチするかがカギとなります。

◆弁護士の求人情報を見つける方法

弁護士が転職のために求人を探すには、法律事務所のHPなどで求人を出しているところを探したり、ハローワークや知人の紹介に頼ったりする方法があります。

しかしいちばん効率がよく成功率が高いのは、弁護士の転職に強いエージェントを利用することです。

◆弁護士の転職特化型のエージェントを利用するメリット

弁護士業界は広い世界ではありません。

そのため界隈の内情を理解し、非公開の求人にも対応してくれる弁護士を専門とした転職エージェントを利用するのが成功の秘訣。

転職に必要なサポートも無料で受けることができ、面倒な手続きも代わりに行ってくれるため効率的です。

エージェントは、求人数とアドバイザーの経験値、サービスの充実度を重視して選ぶようにしましょう。

弁護士の転職はいかに競争率が少なく条件のよい求人を見つけられるかがキーポイント。

弁護士専門のエージェントを賢く利用して、転職を成功へと導きましょう。

PickUp Entry

弁護士として転職するなら法律事務所とインハウスどちらがいい?

弁護士資格を生かして転職するなら、独立やキャリアアップなど自分の希望に合わせて法律事務所とインハウスどちらに転職するか選択しましょう。

弁護士の転職はいつがベスト?転職を伝えるタイミングも解説!

弁護士の転職のタイミングは1、4、9月がおすすめです。円満退社をして転職をスムーズに行うためにも、時期や人間関係を配慮するようにしましょう。