弁護士の転職に有利なスキルとは?身につけたい4つの能力

失敗しない弁護士の転職簡潔情報

Yahoo! JAPAN

弁護士の転職に有利なスキルとは?身につけたい4つの能力

失敗しない弁護士の転職簡潔情報メイン

弁護士の転職には対人スキルや語学、基本的なパソコン操作を身につけておくと有利です。ニーズの高いスキルをできるだけ多く習得しておきましょう。

弁護士の転職に有利なスキルとは?身につけたい4つの能力

転職の際、もっとも重視される項目のひとつがその人がもつスキル。

弁護士として働く上で役立つスキルはより多く習得しておいたほうが転職に有利です。

弁護士として有効なスキルをチェックし、早めに身につけておくようにしましょう。

◆弁護士の転職に有利な4つのスキル

①英語力

クライアントや企業など、グローバル化が進む現代に英語スキルは必須です。

海外の取引先や外資系の企業は英語での会話はもちろん書面での契約も英文である場合が多いため、英語が堪能であることは転職にかなり有利に働きます。

TOEICの点数も高い分だけ希望の事務所へ転職できる率が高くなるため、800点以上を目指しましょう。

②交渉能力

インハウスの場合は弁護士がクライアント先に出向いて交渉する場面もたくさんあります。

簡潔で的確な説明や相手を納得させる交渉術はぜひ身につけておきたいスキルのひとつです。

③コミュニケーション能力

弁護士業は対人ビジネスです。

円滑に仕事を進めるためにもっとも重要といえるのが、相手とのコミュニケーション。

相手企業や外部の弁護士はもちろん、チームとして仕事を行う場合は事務所内の人間関係にも配慮することが大切です。

◇ピックアップ記事⇒https://maonline.jp/articles/lawyer_yokohari_2020

④パソコンスキル

今は情報化社会で書類も電子化が進んでいます。

そのため、基本的なパソコンスキルは弁護士として転職するうえで必要不可欠。

少なくともワード、エクセル、パワーポイントは使いこなせるようにしておきましょう。

誤字脱字がないようタイピングスキルも磨いておくと役立ちます。

PickUp Entry

弁護士として転職するなら法律事務所とインハウスどちらがいい?

弁護士資格を生かして転職するなら、独立やキャリアアップなど自分の希望に合わせて法律事務所とインハウスどちらに転職するか選択しましょう。

弁護士の転職はいつがベスト?転職を伝えるタイミングも解説!

弁護士の転職のタイミングは1、4、9月がおすすめです。円満退社をして転職をスムーズに行うためにも、時期や人間関係を配慮するようにしましょう。