弁護士の転職はいつがベスト?転職を伝えるタイミングも解説!

失敗しない弁護士の転職簡潔情報

Yahoo! JAPAN

弁護士の転職はいつがベスト?転職を伝えるタイミングも解説!

失敗しない弁護士の転職簡潔情報メイン

弁護士の転職のタイミングは1、4、9月がおすすめです。円満退社をして転職をスムーズに行うためにも、時期や人間関係を配慮するようにしましょう。

弁護士の転職はいつがベスト?転職を伝えるタイミングも解説!

弁護士として転職を考えた場合、スムーズに前事務所を退職できるよう配慮が必要です。

今回は転職を伝える時期と、転職に適したタイミングについて解説します。

◆弁護士の転職は1、4、9月が狙い目

弁護士の転職の場合、通年採用をしている事務所がスタンダード。

そのため特に求人が集中するということはありません。

しかしその中でも司法修習生を受け入れる1月や、期が変わる4月、9月のタイミングでキャリア採用を行うところがあります。

特に企業内弁護士はそういった傾向があるため、求人をチェックするならその付近を特におすすめします。

◆ほかの事務所に転職することはいつ伝える?

弁護士事務所に限らず、転職のため退職をする場合は1~2ヶ月前には会社に伝えるのが礼儀です。

弁護士事務所によっては規則により伝える期日が定められている場合もあります。

立つ鳥跡を濁さずというように、あと腐れなく退職するために期日内に必ず代表弁護士に退職の旨を伝えるようにしましょう。

同じ弁護士業界に転職するなら、自分の悪い評判がたつのはデメリットでしかありません。

円満退社をして人間関係を良好のまま保っておくのがベストです。

さらに万が一転職に失敗した場合でも、前の事務所と友好な関係が築けていれば、再就職できる可能性もあります。

ただし転職活動をしつつ働いていることがバレるとマイナスなイメージを持たれてしまう恐れがあるため、時期がくるまで転職活動をしていることは知られないよう注意が必要です。

PickUp Entry

弁護士として転職するなら法律事務所とインハウスどちらがいい?

弁護士資格を生かして転職するなら、独立やキャリアアップなど自分の希望に合わせて法律事務所とインハウスどちらに転職するか選択しましょう。

弁護士の転職はいつがベスト?転職を伝えるタイミングも解説!

弁護士の転職のタイミングは1、4、9月がおすすめです。円満退社をして転職をスムーズに行うためにも、時期や人間関係を配慮するようにしましょう。